ホーム > 経済, 観光・イベント > 「レゴランド」早くも格安パス販売の怪しい広告出現

「レゴランド」早くも格安パス販売の怪しい広告出現

2012年08月24日 15:00 JST配信

【ジョホールバル】 デンマークのブロック玩具のテーマパーク、「レゴランド」の開業が9月15日に迫っているが、「年間パスをわずか50リンギで販売します」という怪しいウエブ広告が早くも出現している。

ジョホール州南部のヌサジャヤにオープンする同園の年間パスは、通常価格が大人275リンギで子供が210リンギだが、開業キャンペーンでも大人245リンギと高めとなっている。1日券の場合でも、通常価格は大人が140リンギ、子供が110リンギ。旅行会社などを通した最安価格でも大人96リンギとなっており、50リンギで売ることはどのような方法をとっても不可能だという。

これを受けてある旅行会社は、詐欺かどうか突き止めようと客を装ってウエブ広告主に100枚購入を申し出たが、ネット広告主は「すでに売りきれた」と回答してきた。ますます怪しいと睨んだ旅行会社側は、広告主にウエブ広告を直ちに閉鎖するよう要求し、さもなくばマレーシア旅行代理店協会(MATTA)に通報すると警告した。やがて広告は削除されたという。

(中国報、8月22日)

関連カテゴリ: 経済, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。