ホーム > 経済 > DHL、クラン港−ホーチミン間の小口貨物サービス開始

DHL、クラン港−ホーチミン間の小口貨物サービス開始

2012年09月04日 14:07 JST配信

ペタリンジャヤ】 DHLグローバル・フォワーディングは、ポート・クランとベトナムのホーチミンを結ぶ小口貨物輸送(LCL)サービスを開始した。

LCLサービスは、港と港を結ぶ輸送期間を3日間に短縮し、港間の貿易の流れをスムーズにする。

DHLグローバル・フォワーディングは、世界最大のLCLネットワークを持っており、年間のLCL貨物取扱量は200万立方メートルとなっている。アジア太平洋では46のターミナル、116の目的地に貨物を輸送している。

昨年、ベトナムとマレーシアの間の貿易額は40億米ドルだった。今後両国間の貿易額を増やすための動きもある。

(ザ・サン、9月3日)

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。