ホーム > 社会・生活, 経済 > 「1マレーシアブロードバンド」を発表、5州で利用可能

「1マレーシアブロードバンド」を発表、5州で利用可能

2012年09月06日 09:10 JST配信

【クアラルンプール】 ライス・ヤティム情報通信文化相は4日、「1マレーシア・ブロードバンド・アフォーダブル・パッケージ」を発表した。

サバとサラワク、トレンガヌ、クランタン、パハンの5州で16日から利用が可能で、国家ブロードバンド推進(NBI)政策の一環。マレーシアのブロードバンド普及率は64%だが、これらの州では普及が遅れているという。

反応によっては他の州でも導入する方針だ。有線パッケージの月間の利用料金は38リンギから。

無線パッケージは18リンギから25リンギで、1ギガバイト(GB)の上限が設けられる。

(ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・スター、ザ・サン、9月5日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。