ホーム > 経済, 統計・調査 > 7月の製造業売上高、前年同月比5.2%増に

7月の製造業売上高、前年同月比5.2%増に

2012年09月12日 06:28 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBizナビ】 製造業売上高(統計局速報値)は2012年7月単月で525億リンギとなり、前年同月比で5.2%増加、前月比で0.6%減少した。 

116の業種中、65.5%に当たる76業種で売り上げが前年同月より増加。売り上げの増加が目立ったのは、▽半導体デバイス(+15.2%)▽精油製品(+5.2%)▽電子管・プリント回路基板(+31.0%)▽自動車(+31.8%)▽ その他のワイヤー・ケーブル(+37.0%)——など。

前月(6月)比でも全体の49.1%にあたる57業種で売り上げが増加した。▽精油製品(+11.7%)▽電子管・プリント回路基板(+5.9%)▽テレビ・ラジオ受信機及び音響機器(+10.8%)▽肥料・窒素化合物を除いた化学薬品(3.3%)▽宝石類(+47.5%)——で増加が目立った。 

7月末時点の対象企業の総従業員数は102万8,672人で、前年同月末時点に比べ0.6%、前月末時点に比べ0.02%のそれぞれ増加となった。同月の人件費は24.92億リンギで、前年同月比で3.8%の増加、前月比では0.2%の減少となった。生産性を表す従業員1人当たりの売り上げは、前年同月比4.6%アップとなる5万990リンギで、前月比では0.6%のマイナスとなった。 

1−7月の累計売上高は3,631億リンギで、前年同期比6.5%の増加となった。

関連カテゴリ: 経済, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。