ホーム > 経済 > ペナンの無料WiFI、相変わらず繋がらないとの不満の声

ペナンの無料WiFI、相変わらず繋がらないとの不満の声

2012年09月13日 18:15 JST配信

【ペナン】 ペナン州政府が州内の公共の場所で整備を進めている無料高速大容量インターネットサービス「WiFi」の接続ポイント「ホットスポット」について、あまり一般的でない場所に設けられている一方でメジャーな場所で使えないとの不満の声が相変わらず州民から上がっている。

ホットスポットは、コムタービルの28階にある州首相の執務室のほか、市議会の各部門が入居している11—14階、16階に3—5カ所集中して設置してあり、それも公共の場所なのかと疑問を呈する声が州民から上がっている。

一般人にあまり関係ないムダな場所に設置してあるとの指摘も多く、ジェルトンの「シンフォニー・パーク」の5階に5カ所も設置してあったり、カレッジや宗教施設に集中して設置してあったりするという。

また無料WiFiが繋がる場所であっても、しばしば接続が切れたりするなど通信状態が不安定との指摘も多い。

(南洋商報、9月10日)

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。