ホーム > 経済, 観光・イベント > 「レゴランドマレーシア」が15日に正式開業

「レゴランドマレーシア」が15日に正式開業

2012年09月18日 10:40 JST配信

【ヌサジャヤ】 デンマークのブロック玩具のテーマパーク「レゴランド・マレーシア」が15日に正式開業し、初日は正午までに約4千人の観光客が来場した。

マレーシアの「レゴランド」は、デンマーク、英国、米カリフォルニア州、ドイツ、米フロリダ州に次ぐ6カ所目のテーマパークで、アジアでは初めて。ジョホール州ヌサジャヤの敷地面積30.7ヘクタールに7.2億リンギをかけて建設された。「レゴランド・ウォーターテーマパーク」や「レゴランド・ホテル」も2014年開業を予定しており、総投資額は16億リンギに達する。

テーマ別に「ザ・ビギニング」「イマジネーション」「ランド・オブ・アドベンチャー」「ミニランド」「レゴ・シティ」「レゴ・テクニック」「レゴ・キングダム」の7つのゾーンがあり、5千万個のブロックを用いて作った、「ペトロナス・ツインタワー」やインドの「タージ・マハール」、中国の「万里の長城」など世界各地の有名な建築物を模した1万5千の巨大モデルが展示してあるほか、ジェットコースターなど40以上の遊具がある。

「レゴランド・マレーシア」の開業で、周辺のホテルも活況を呈している。最近開業した「KSLリゾート」(客室数220室)ではマレーシア・デーの連休で客室稼働率がこれまでの最高となっているという。

(ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・スター、9月16日、ベルナマ通信、9月15日)

関連カテゴリ: 経済, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。