ホーム > 経済, 日本関係, 統計・調査 > 8月の自動車販売、前年比11.2%の大幅減 前月比も12.9%マイナス=MAA

8月の自動車販売、前年比11.2%の大幅減 前月比も12.9%マイナス=MAA

2012年09月21日 12:06 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 マレーシア自動車協会(MAA)の発表によると、会員企業による2012年8月の自動車販売台数は5万1,823台で、前年同月比11.2%の大幅マイナスとなった。前月比でも12.9%の大幅減だった。

乗用車の販売は4万5,687台で13.1%のマイナス、商用車は6,136台で5.4%の増加となった。一方、生産台数は8月単月で3万9,346台となり、前年同月比で12.2%のマイナスとなった。乗用車は3万5,542台で13.8%の減少、商用車は3,804台で6.5%の増加となった。

年初8カ月(1一8月)の販売台数は41万2,575台で、前年同期比1.7%の増加となった。乗用車は36万3,684台で0.2%、商用車は4万8,891台で14.3%、それぞれ増加となった。生産台数は乗用車が2.8%マイナスの33万3,184台、商用車が44.8%増の4万1,912台で、合わせて0.9%増の37万5,096台となった。

MAAは8月に販売台数が大幅マイナスだったことについて、ハリラヤ(断食月明け大祭)やムルデカ・デー(独立記念日)などで営業日が少なかったことによるものだと分析。9月の見通しについては、市況があまり変動が見込まれず、消費者心理も来年度予算案の発表を前に慎重であることから前月並みの水準にとどまるだろうと予想した。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。