ホーム > 三面・事件 > ペナン州の犯罪発生件数、昨年は20.4%の大幅減少に

ペナン州の犯罪発生件数、昨年は20.4%の大幅減少に

2012年01月12日 18:04 JST配信

【ペナン】 ペナン州警察によると、昨年同州における犯罪発生件数は前年比で20.4%もの大幅な減少となった。今年についてはさらに20%減を目標に掲げている。
強盗やひったくりなどの路上犯罪は2010年には前年比27%減少したが、昨年は2009年比で70%以上の大幅な減少となった。ペナン州警察では、今年は宗教組織や教育機関などと連携して州民の間の相互理解を高め、愛国意識の向上を図りたい考えだ。
なお昨年の全国の犯罪発生件数は5%減少、路上犯罪は39.7%減少したという。

中国報、1月11日

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。