ホーム > 経済, 政治・外交, 統計・調査 > アジア開銀、今年のマレーシア経済成長予想を上方修正

アジア開銀、今年のマレーシア経済成長予想を上方修正

2012年10月04日 09:36 JST配信

【クアラルンプール】 アジア開発銀行(ADB)は3日、対アジアのアウトルック・リポートを発表し、マレーシアの今年の国内総生産(GDP)成長率予想を4.0%から4.6%に上方修正した。

ADBは、上半期が5.1%成長のペースだったが、下期は外的要因の悪化に伴って減速すると予想。ただ政府の刺激策に下支えされた旺盛な国内消費と投資に引き続き牽引されるとして、今年4月時点での前回予想を上回る予想を示した。

また来年については、世界経済の回復に対する控えめな見方から4月時点で5.0%としていた予想を下方修正。ただ国際貿易や景気の改善がいくらか見込まれるとして今年を上回る4.8%とした。

マレーシア政府も9月28日の経済リポートの中で、今年のGDP成長率を4.5—5.0%、来年については4.5—5.5%と控えめな予想を示している。

(ザ・スター電子版、10月3日)

関連カテゴリ: 経済, 政治・外交, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。