ホーム > 経済, 政治・外交 > マレーシアは経済危機を乗り切れる=ナジブ首相

マレーシアは経済危機を乗り切れる=ナジブ首相

2012年10月04日 18:37 JST配信

【クアラルンプール】 ナジブ・ラザク首相(兼財務相)は2日、「カザナ・メガトレンズ・フォーラム」において、1997−98年のアジア通貨危機を乗り切った経験から、マレーシアは現在の世界的な経済危機を乗り越えることができるとの考えを明らかにした。

ナジブ首相は、アジア通貨危機の際、統治や銀行の協力、適切な金融政策などで危機を乗り切ることができたと指摘。その経験から、今後の信用危機への抵抗力はついており、政府も経済のマネジメントに成功しているとコメントした。マレーシア人にとっては通貨危機を乗り切ったことは良い経験で、金融システムの構造を見直すきかっけを提供したと述べた。

ナジブ首相は今年の経済成長について、4.5−5%となると予想、来年の名目国内総生産(GDP)は過去最高となる1兆リンギを超えるとの予想を示した。

2013年度予算案については、国家の将来に向けた計画であり、競争力の維持や投資誘致などの課題に対応するものとなったと説明した。

(ニュー・ストレーツ・タイムズ、10月3日)

関連カテゴリ: 経済, 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。