ホーム > 三面・事件 > 「首相が乗ったヘリを爆破」冗談で書き込みの学生を逮捕

「首相が乗ったヘリを爆破」冗談で書き込みの学生を逮捕

2012年01月18日 20:35 JST配信

【ジョージタウン】 「フェイスブック」上にナジブ・ラザク首相が乗ったヘリコプターを爆破すると書き込みをしたマレーシア科学大学(USM)の男子学生(23)が、警察に逮捕される事件があった。学生は「冗談のつもりだった」と説明し、後悔しているという。
学生は工学部4年生のインド系マレーシア人で、14日午後3時ごろ「ナジブが大学に来たらヘリコプターを爆破しよう」との書き込みを行った。フェイスブックを見た人から通報があり、警察が翌15日午後にキャンパスに居た同学生を逮捕した。しかし学生が目前に試験を控えていることから、警察は事情聴取を行っただけで人道的配慮で即日釈放したという。
警察は引き続き学生の交友関係などを捜査する方針で、必要であれば学生に再び出頭を求める考えだ。

ザ・スター、マレーメイル、1月17日、星洲日報、中国報、1月16日

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。