ホーム > 経済, 観光・イベント > 長距離格安航空エアアジアX、テヘラン線を運休へ

長距離格安航空エアアジアX、テヘラン線を運休へ

2012年10月10日 09:18 JST配信

【クアラルンプール】 長距離格安航空会社のエアアジアXは8日、クアラルンプール(KL)—イラン・テヘラン線を運休すると発表した。最後の運航は14日で、再開の見通しは明らかにしていない。テヘラン線は現在週4回運航している。

欧米諸国は核開発をめぐりイランへ経済制裁を行っており、イランの通貨は下落している。同社はイラン通貨の不安定さや経済状況を考慮し撤退を決定。アジア太平洋域内で利益性を見込める新たな都市へ就航する方針だ。15日以降の便の予約については航空券の払い戻し、もしくはその他の路線への振り替えを無料で行う。テヘラン線は、英国の航空会社BMIも13日に運休を発表している。

エアアジアXは今年、KLークライストチャーチ、ロンドン、パリ、ニューデリー、ムンバイ線を休止した。現在は、▽日本▽韓国▽豪州▽中国▽ネパール▽台湾ーーの6カ国、12都市に運行を行っている。

(ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・サン、10月9日、エアアジア発表資料)

関連カテゴリ: 経済, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。