ホーム > 三面・事件 > プレミアムアウトレット、ハエが押し寄せイメージぶち壊し

プレミアムアウトレット、ハエが押し寄せイメージぶち壊し

2012年02月05日 06:46 JST配信

【ジョホールバル】 世界のブランドが手頃な価格で買えると鳴り物入りでオープンした「ジョホール・プレミアム・アウトレット(JPO)」に、ハエの大群が押し寄せて問題となっている。
ハエはJPOの近くにある8カ所の養鶏場から飛んできているとみられ、高級イメージがぶち壊しになっている。JPOを訪れた客からは、「大した問題ではない」という寛容な意見もあるが、食事をしている際にハエがうるさかったとの苦情の声も出ている。
事態を重く見た同州アブドル・ガニ首相が担当部署に早急の解決を命じており、アジズ・カプラウィ同州農業・農業関連産業委員会の議長が養鶏場のオーナーに会って対策を話し合うことになった。
一方のJPO側は、毎朝殺虫剤の噴霧を行っているほか、高電圧のハエ取り機の設置台数を増やすなどの対策に乗り出している。飲食店の中からも、店舗をガラス張りにしたりハエ取り機を設置して自衛する動きが出ている。

ザ・スター、1月31日

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。