ホーム > 経済, 日本関係 > 日野、マレーシアに製造子会社を設立 Nセンビラン州に工場

日野、マレーシアに製造子会社を設立 Nセンビラン州に工場

2012年10月29日 13:09 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 日野自動車は25日、マレーシアに製造子会社「日野モータース・マニュファクチュアリング・マレーシア」を現地自動車関連企業のMBMリソーシズ(MBMR)と合弁で設立したと発表した。

MBMRは、マレーシアの販売子会社である日野モータース・マレーシアに42%出資している現地パートナー企業。新工場はネグリ・センビラン州センダヤン工業団地内に建設する予定だ。初期投資額は約34.5億円。2014年前半の稼働開始を目指す。

日野は、マレーシア市場において販売を年々増やしており、インドネシア、タイに次ぐ第3の柱と位置付けている。これまではマレーシアにおいて委託生産していたが、販売規模拡大にともない、製造子会社を立ち上げ、自社生産に切り替える。自社生産を行うことにより、十分な供給力を確保するとともに、仕様や納期などの市場ニーズにより柔軟に対応できる供給体制を構築する。将来的にはインドネシア、タイで構築を進めている地域中核生産拠点との連携を強化することにより、域内生産供給体制の最適化を進めていく方針だ。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。