ホーム > 経済, 統計・調査 > 経済自由度ランク、マレーシアは71位に上昇=フレーザー

経済自由度ランク、マレーシアは71位に上昇=フレーザー

2012年12月06日 13:12 JST配信

【クアラルンプール】 カナダのシンクタンク、フレーザー研究所は世界経済自由度に関する年次リポートを発表、マレーシアは世界144カ国・地域中で71位となり、前年よりランクを7つ上げた。

この度発表されたレポートは、2010年のデータに基づき政策、法整備、市場開放度などを評価し順位を付けたもの。首位は前年と同じく香港で、2位にはシンガポール、3位にはニュージーランドが入った。日本は20位だった。最下位はベネズエラだった。

アジアでは韓国が37位、フィリピンが61位とマレーシアより上位となり、インドネシアは76位、タイは87位、中国は107位、ミャンマーは143位だった。

マレーシアで調査に協力している民主主義&経済研究所(IDEAS)は声明の中で、新経済モデル(NEM)や経済変革プログラム(ETP)が導入されたことが経済自由度に貢献し、ランクアップにつながったとコメントした。

(ザ・サン、ザ・スター、12月5日、ベルナマ通信、12月4日、フレーザー研究所発表資料)

関連カテゴリ: 経済, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。