ホーム > 社会・生活, 統計・調査 > 「外国人退職者の住みやすさ」調査、マレーシアが4位に

「外国人退職者の住みやすさ」調査、マレーシアが4位に

2012年01月10日 15:38 JST配信

【ワシントン】 米雑誌「インターナショナル・リビング」はこのほど、2012年度版の「退職者天国インデックス」を発表、マレーシアは世界全体で4位、アジアでトップ・ランクされた。
同調査は不動産価格と購入の容易さ、退職者向け特典、物価、気候、医療、インフラ、娯楽、溶け込みやすさ??で米国人退職者にとっての移住し易さを評価したもので、マレーシアは気候や特典の分野で評価が低かったものの、不動産や物価、娯楽、溶け込みやすさで高評価だった。移住者の話を引用し、1千米ドル(3,150リンギ)でビーチに面したプール付きのアパートが借りられると紹介した。
総合トップはエクアドルで、2?3位はパナマ、メキシコとなった。アジアではタイが9位に入った。

南洋商報、中国報、1月9日、インターナショナル・リビング発表資料

関連カテゴリ: 社会・生活, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。