ホーム > 経済 > ブルサマレーシア、来年環境・社会・ガバナンス(ESG)指数を導入

ブルサマレーシア、来年環境・社会・ガバナンス(ESG)指数を導入

2012年12月07日 16:11 JST配信

【クアラルンプール】 ブルサ・マレーシア(マレーシア証券取引所)は来年、上場企業向けの環境・社会・ガバナンス(ESG)指数を導入し、国内における社会的責任のある投資誘致を進める方針だ。

ESG指数の導入により、ブルサ・マレーシアはキャパシティ・ビルディング(能力構築)強化を支援する。

ブルサが上場企業100社を対象に実施した調査によると、46%が環境および職場、コミュニティ、市場の4分野に関する情報を自主的に開示していることが明らかになった。ブルサは2006年に企業の社会的責任(CSR)枠組みを導入しており、自主的な情報開示を推進している。

(ニュー・ストレーツ・タイムズ、12月6日)

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。