ホーム > 経済 > 今年の自動車販売は61.2万台、フロスト&サリバン予想

今年の自動車販売は61.2万台、フロスト&サリバン予想

2012年01月07日 12:41 JST配信

【クアラルンプール】 市場調査会社の米フロスト&サリバン(F&S)は、2012年のマレーシアにおける自動車販売台数について、新モデルの発売予定が限定的で、世界経済が不透明であること、自動車ローンの承認への懸念などの要因から前年比1.2%の増加となる61万2,000台と予想している。
特に小型ファミリーカー(Cセグメント)や大型ファミリーカー(Dセグメント)への需要が増えると見込んでおり、それぞれの販売台数は前年比3.8%、23%増加すると見られるという。Dセグメントの販売台数は3万5,300台となる見込みだ。
多目的車(MPV)、Aセグメントの販売は今年それぞれ、10.1%、9%の減少が予想されている。
ハイブリッド車は引き続き人気があると予想されており、需要は60%増え、1万3,400台となると見られる。

ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・スター、1月6日

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。