ホーム > 政治・外交, 統計・調査 > ナジブ政権への支持率、63%に低下 過去16カ月で最低に=世論調査機関

ナジブ政権への支持率、63%に低下 過去16カ月で最低に=世論調査機関

2013年01月11日 20:00 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 世論調査機関のムルデカ・センターが12月に行った調査によると、ナジブ・ラザク内閣の支持率は63%となり、11月の65%から2ポイント下降した。過去16カ月で最も低い支持率となった。

23%がナジブ政権に「たいへん満足」、40%が「やや満足」、20%が「やや不満」、10%が「大変不満」と回答した。民族別ではマレー系が77%と最も支持率が高く、11月比で2ポイント改善した。インド系は同8ポイントアップの76%。一方、華人は同比12ポイントマイナスの34%だった。

また男女の比較では、女性の方が男性より支持率が13%高かった。世代別では、60歳以上が74%と高かったが、21—30歳では56%と全体平均を大きく下回った。所得層でみると、世帯月収1,500リンギ以下の支持率は80%と高かったが、5,000リンギ以上では52%にとどまった。

政府に対しては、45%が「満足」、30%が「不満」、8%が「怒っている」と答えた。民族別ではマレー系の67%が満足と回答したが、インド系と華人の満足度はそれぞれ35%、6%と低かった。

与党連合・国民戦線(BN)に対しては、47%が「満足」、30%が「不満」、7%が「怒っている」と回答した。

同調査はマレーシア半島部に住む21歳以上の成人1,018人に対して電話で聴き取ったもの。昨年12月15日から28日にかけて実施された。

関連カテゴリ: 政治・外交, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。