ホーム > 政治・外交, 観光・イベント > KLの旧王宮、2月1日より一般公開へ

KLの旧王宮、2月1日より一般公開へ

2013年01月28日 14:21 JST配信

【クアラルンプール】 クアラルンプール(KL)のジャラン・サイド・プトラにある旧イスタナ・ネガラ(王宮)の本館が、2月1日より一般公開されることになった。開館時間は午前9時から午後5時まで。当面は館員が引率しての観覧となる。

旧王宮は1928年に華人富豪の住居として建設された。日本軍の統治下では総督の住居となり、1957年の独立後は13人の国王の公邸として使われてきた。ジャラン・ドゥタに新たな王宮が建設されたことから2012年11月に本来の役目を終えていた。

情報通信文化省が昨年3月、歴史的建造物であることから本館の博物館としての存続を決定。さらに本館後方にギャラリーを建設する計画だという。

(ザ・サン、1月23日)

関連カテゴリ: 政治・外交, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。