ホーム > 経済, 政治・外交, 統計・調査 > グローバリゼーション度、マレーシアは26位維持=E&Y

グローバリゼーション度、マレーシアは26位維持=E&Y

2013年02月03日 12:14 JST配信

【クアラルンプール】 大手監査法人のアーンスト&ヤング(E&Y)が発表した「2012年度グローバリゼーション・インデックス」で、マレーシアは26位を維持した。

同インデックスは、▽貿易自由度▽資本流動性▽技術交流▽労働力の移動性▽文化的統合——の5つの基準で最高スコアを10として数値化し、世界60カ国・地域をランク化したもの。マレーシアの全体スコアは2011年より0.07ポイント改善の4.28ポイントだった。

全体のトップは香港。それにシンガポール、アイルランドが続いた。最下位はイランだった。東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国では、タイが32位、フィリピンが34位、ベトナムが36位、インドネシアが57位だった。このほか、日本は43位、中国は44位、韓国は33位だった。

E&Yのマレーシアのマーケット・リーダー アズワン・バハルディン氏は、26位を維持したことはマレーシアが順調に成長していることを表しているとコメントした。またマレーシア企業は今後、世界や域内市場を生かした戦略が必要になると指摘した。

(ザ・スター、2月1日、ベルナマ通信、1月31日、E&Y発表資料)

関連カテゴリ: 経済, 政治・外交, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。