ホーム > 経済 > 星不動産業者リンク、メディニ地区で開発 総開発価値は25億リンギ

星不動産業者リンク、メディニ地区で開発 総開発価値は25億リンギ

2013年02月08日 06:54 JST配信

【シンガポール】 シンガポールの不動産開発業者リンク(THM)ホールディングスが「メディニ・イスカンダル」の5.9ヘクタールの土地をグローバル・キャピタル&デベロップメントから購入する契約に合意した。民間のシンガポール企業による「メディニ・イスカンダル」における大規模不動産開発としてはこれが初の計画となる。

リンク(THM)ホールディングスはシンガポールにおける高級不動産開発プロジェクトなどを手がけている。「メディニ・イスカンダル」では、向こう5年間で3期に分けて複合開発を行う。プロジェクトの名称は「メディア・ビレッジ@メディニ・イスカンダル」で、総開発価値は10億シンガポール・ドル(25億リンギ)。シンガポールのトゥアス・チェックポイントから17キロメートル離れた場所となる。

「メディア・ビレッジ」は、映画・テレビスタジオの「パインウッド・スタジオ」プロジェクトをサポートするものとなる。また、テーマパーク「レゴランド」や「ハロー・キティ・タウン」、「エデュ・シティ」にも近い。

2018年の完成予定で、2,000ユニット以上の小規模事務所(SOHO)やオフィス、飲食店用物件などを建設する。住宅用開発では、25−35階建ての高層マンションを7棟建設する予定だ。国内外からの投資誘致を目指す。

(ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・スター、2月7日)

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。