ホーム > 政治・外交, 統計・調査 > 7州で新規有権者数が大幅増=選挙委員会 セランゴール州は29%増に

7州で新規有権者数が大幅増=選挙委員会 セランゴール州は29%増に

2013年02月15日 11:07 JST配信

【プトラジャヤ】 セランゴール州やジョホール州、ペラ州など7つの州において新規有権者の数が大幅に増加している。選挙委員会(EC)のアブドル・アジズ議長が明らかにした。

7つの州において登録を行った有権者の数は2008年の選挙時より約240万人以上増加しており、各州でも15万人以上増加した。次期総選挙での有権者数は2008年の1,090万から1,330万人に増加すると見込まれている。

最も増加が大きかったのはセランゴール州で、2008年に156万5,494人だった有権者は、昨年第3四半期に29.06%(45万5,006人)増の202万500人となった。ジョホール州(26万7,757人増加)、ペラ州(20万1,117人)、サバ州(16万1,635人)、サラワク州(15万7,204人)、クランタン州(15万4,604人)、ケダ州(15万2,262人)でも大幅に増加した。ECは昨年第4四半期の選挙人名簿の見直しを行っており、今月にも官報に掲載される予定だ。

ECのワン・アハマド・ワン・オマル副会長は、新規有権者の増加はマレーシアの成長を示しており、投票の責任についての意識の高まりを表しているとコメントした。

(ザ・スター、2月14日)

関連カテゴリ: 政治・外交, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。