ホーム > 経済, 統計・調査 > 今年63.8万台の販売見込む=マレーシア自動車研究所

今年63.8万台の販売見込む=マレーシア自動車研究所

2013年02月15日 13:11 JST配信

【クアラルンプール】 マレーシア自動車研究所(MAI)のマダニ・サハリ最高経営責任者(CEO)は今年の国内の自動車販売台数は63万8,000台を超えるとの予想を示した。

マレーシア自動車協会(MAA)は64万台の販売を予想している。

今年1月の販売台数は5万8,500台で昨年の4万台を上回ったという。過去5年間に渡り、国内自動車産業は2.5%の割合で成長している。

昨年の市場総需要量(TIV)は62万7,000台と記録的な数となった。下期、特に11月半ばから12月にかけて改善が見られたことが影響した。自動車価格の割引や価格競争を受けた割戻しキャンペーンなどが販売増加に影響した。

今後はプロトンの「プレヴェ」ハッチバックやホンダ「CR-V」、トヨタ「ヴィオス」、ホンダ「ジャズ」フェイスリフト版などの発表が予定されている。

東南アジア諸国連合(ASEAN)自由貿易地域(AFTA)の形成が完全輸入モデルの競争力ある価格での提供につながるという。政府は電気自動車などエネルギー効率の高い自動車の普及に前向きで、今後競争が激しくなることが見込まれる。

フロスト&サリバンはハイブリッド車の販売台数が今年3万5,000台となり、昨年の1万8,000台から増加すると見込んでいる。

(ニュー・ストレーツ・タイムズ、2月14日)

関連カテゴリ: 経済, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。