ホーム > 経済, 統計・調査 > マレーシア長者番付、クォック氏が首位堅持 2位もアナンダ氏で変わらず

マレーシア長者番付、クォック氏が首位堅持 2位もアナンダ氏で変わらず

2013年02月18日 20:28 JST配信

【クアラルンプール】 経済誌「マレーシアン・ビジネス」は16日、マレーシアの富豪上位40人を発表、製糖業で財を成した「シュガーキング」ことロバート・クォック氏がトップの座を維持した。同氏の資産総額は461.0億リンギで、前年比で0.8%増加した。

上位40人の総資産額は1,948.6億リンギで、前年から0.8%のプラスとなった。

2位はウサハ・テガスを保有するアナンダ・クリシュナン氏で資産額は前年比23.5%減の329.0億リンギ。3位はパブリック・バンク会長のテー・ホンピオウ氏で、資産額は137.3億リンギ。それぞれの資産額は前年から減少したが、ランクは変わらなかった。

4位以降は▽クエック・レンチャン(ホンリョン・グループ、110.9億リンギ)▽サイド・モクタル・アルブカリー氏(アルブカリー・ファンデーション、106.0億リンギ)▽リー・シンチェン氏(IOIグループ、105.5億リンギ)▽リム・コックタイ氏(ゲンティン・グループ、81.2億リンギ)▽リー・キムフア氏(ゲンティン・グループ創始者故リム・ゴートン氏の妻、72.3億リンギ)▽ティオン・ヒューキン氏(リンブナン・ヒジャウ、63.4億リンギ)▽オン・ベンセン氏(ホテル・プロパティーズを経シンガポール在住の資産家、40.1億リンギ)−−。

(ニュー・ストレーツ・タイムズ、2月17日、ザ・サン、2月16日)

関連カテゴリ: 経済, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。