ホーム > 観光・イベント > マレーシア航空、無料手荷物許容量を10kg引き上げ

マレーシア航空、無料手荷物許容量を10kg引き上げ

2013年02月25日 15:08 JST配信

【スバン】 マレーシア航空(MAS)は、競争力のアップを図るために2月15日より無料手荷物許容量を10キログラム引き上げ、30キログラムとした。

さらに超過手荷物料金を徴収する場合も、これまで1キログラム毎だったのを5キログラム毎に変更。ゾーン毎の定額に切り替え、適用レートも引き下げた。5キロ超過した場合の料金は、ゾーン1(東南アジア諸国連合=ASEANルート)が30リンギ、ゾーン2(南アジア、東アジア、豪州、ニュージーランンド)が60リンギ、ゾーン3(サウジアラビア、トルコ、ドイツ、オランダ、イギリス、フランス、米国)が90リンギ。

例えば、33キログラムの荷物の場合は3キログラムだけが超過料金対象となり、欧州線であれば90リンギだけとなる。これまでは1キログラム毎に150リンギ、13キログラム超過だと合計1,950リンギもかかっていた。

なお新料金システムはコードシェア便、ロサンゼルス便には適用されない。

(ザ・スター、2月16日)

関連カテゴリ: 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。