ホーム > 経済, 日本関係 > ホンダ(M)、第4世代のSUV「CR-V」を発表

ホンダ(M)、第4世代のSUV「CR-V」を発表

2013年03月07日 13:21 JST配信

【ペタリンジャヤ=マレーシアBIZナビ】 ホンダ・マレーシアは5日、第4世代のスポーツ多目的車(SUV)「CR-V」を発表した。今年は7,000台を販売する目標を掲げている。

第4世代の「CR-V」は、発表を前に予約数が1,000台に上っている。ホンダは今回の発表でSUV市場シェアを維持すると見込んでいる。「CR-V」はマレーシアにおいて好評を得ており、現在3万4,000台がマレーシア国内に出回っている。

今回発表された「CR-V」は、マラッカ州の工場で国内組立生産(CKD)された。排気量は2.0リットルで、外装及び内装、燃費、乗り心地が改善された。販売価格は保険付きで14万8,800リンギとなっている。5年間の保証が付く。全国のホンダの正規ディーラーで予約受付やテスト・ドライブを行っている。

ホンダは今年6月に排気量2.4リットルの「CR-V」を発表する。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。