ホーム > 政治・外交, 日本関係 > 日本の総務省とMCMC、サイバー攻撃対処で協力へ

日本の総務省とMCMC、サイバー攻撃対処で協力へ

2013年03月11日 06:25 JST配信

【クアラルンプ−ル=マレーシアBIZナビ】 日本の総務省とマレーシア通信マルチメディア委員会(MCMC)は7日、サイバー攻撃に共に対処するため、サイバー攻撃の観測データの供給やサイバー攻撃の分析、予知に関する研究開発において連携することを発表した。

この連携は総務省が実施する「国際連携によるサイバー攻撃予知・即応プロジェクト『PRACTICE』」の一環。PRACTICEプロジェクトにおける国際連携は、インドネシア、米国、モルディブ、タイに次いで5カ国目となる。

総務省は今後も各国との連携を進めながら、PRACTICEプロジェクトを推進していく方針だ。今年は日ASEAN交流40周年の節目にあたり、9月には「日ASEANサイバーセキュリティ協力に関する閣僚政策会議」が開催予定であることから、ASEAN諸国との連携を重視して活動を進めていくという。

関連カテゴリ: 政治・外交, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。