ホーム > 経済 > 欧州危機、マレーシアヘの影響は軽微=メリルリンチ

欧州危機、マレーシアヘの影響は軽微=メリルリンチ

2012年01月26日 09:54 JST配信

【クアラルンプール】 バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(シンガポール)のエコノミスト、チュア・ハクビン氏は東南アジア諸国連合(ASEAN)の経済見通しに関する記者会見で「この先数カ月以内に欧州で何か起きても、マレーシアへの影響は深刻ではない」との見通しを示した。
マレーシアのほか、シンガポール、インドネシア、タイにとり2番目の輸出市場になった中国経済について、チュア氏は軟着陸を予想しており、今年の国内総生産(GDP)増加率予想を8.6%(昨年は9.2%)とした。ASEAN経済全体は減速するが、景気後退はないという。
マレーシアの今年のGDPについては3.6%の増加を予想している。政府予想は5%。インフレ率が3%以下であれば、中央銀行(バンク・ネガラ)は4−6月期に政策金利を0.5ポイント引き下げる見通しだという。

ニュー・ストレーツ・タイムズ、1月20日

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。