ホーム > 経済 > 衣料品大手のH&M、年内にもマレーシアに初出店

衣料品大手のH&M、年内にもマレーシアに初出店

2012年01月31日 12:59 JST配信

【クアラルンプール】 スウェーデンの衣料品小売り大手、H&M(ヘネス&マウリッツ)が年内にもマレーシアに初出店する計画だ。1月26日に発表した営業報告の中で明らかにした。H&Mのマレーシア進出の噂は2009年から浮上していた。
マレーシアの出店予定地はクアラルンプール(KL)で、2012年秋の出店を見込んでいる。フランチャイズでなく、H&Mの直営店になるもよう。マレーシアのほか、タイ、ブルガリア、ラトビアが新たな進出先としてリストアップされている。タイはフランチャイズ方式になるとみられる。
2011年11月末時点でのH&Mの店舗数は2,472店で、2011年だけで新たに266店をオープンした。2012年には275店の新規出店を計画している。

ニュー・ストレーツ・タイムズ、1月28日

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。