ホーム > 社会・生活, 三面・事件, 観光・イベント > ヴァージン総帥、5月12日にスッチーコスプレ披露

ヴァージン総帥、5月12日にスッチーコスプレ披露

2013年04月10日 16:30 JST配信

【クアラルンプール】 ヴァージン・グループの総帥、リチャード・ブランソン氏が、格安航空エアアジアのトニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)との賭けに負けた罰則として5月12日にエアアジア便でスチュワーデス姿でサービスすることが決まった。

ブランソン氏が搭乗するのはパース—クアラルンプール(KL)線で、運賃は399豪ドル(1,268リンギ)。売り上げは全額慈善団体に寄付される。

ブランソン氏とフェルナンデス氏はかつてヴァージンで共に働いた盟友で、F1「ヴァージン・レーシング」率いるブランソン氏と「ロータスF1チーム」(現チーム・ロータス)を率いるフェルナンデス氏が、2010年のシーズン成績を賭け、負けた方が相手の航空会社でコスプレすることになった。結果は「ロータス」が10位、「ヴァージン」が12位となりブランソン氏の負けとなった。

(南洋商報、4月9日、ロイター、4月8日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。