ホーム > 社会・生活, 経済, 統計・調査 > 昨年の平均月収、前年比7.2%増の5,000リンギ

昨年の平均月収、前年比7.2%増の5,000リンギ

2013年04月11日 11:39 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 統計局が発表した調査によると、2012年のマレーシアの世帯当たりの月収が5,000リンギとなり、前年比で7.2%増加した。都市部の平均は同6.6%増の5,742リンギとなり、地方部では同6.4%増の3,080リンギとなった。

州別で最も月収が高かったのは、クアラルンプールで前年比14.9%増の8,586リンギ。以下、▽プトラジャヤ(8,101リンギ、同6.1%増)▽セランゴール州(7,023リンギ、5.5%増)▽ラブアン(6,317リンギ、12.0%増)▽ペナン州(5,055リンギ、4.6%増)▽マラッカ州(4,759リンギ、4.3%増)▽ジョホール州(4,658リンギ、6.5%増)▽ネグリ・センビラン州(4,576リンギ、8.6%増)▽サラワク州(4,293リンギ、6.0%増)▽サバ州(4,013リンギ、8.6%増)▽トレンガヌ州(3,967リンギ、9.1%増)▽パハン州(3,745リンギ、4.4%増)▽ペラ州(3,548リンギ、7.8%増)▽ペルリス州(3,538リンギ、10.1%)▽ケダ州(3,425リンギ、8.3%増)▽クランタン州(3,168リンギ、7.4%増)ーーの順となった。

民族別で最も月収が高かったのは、華人で前年比8.0%増の6,366リンギだった。インド系が同9.0%増の5,233リンギ、マレー系が同6.9%増の4,457リンギだった。

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。