ホーム > 経済, 日本関係 > プロドゥア、「アルザ」の新バリエーションを発表

プロドゥア、「アルザ」の新バリエーションを発表

2012年02月04日 06:40 JST配信

【クアラルンプール】 大手国産車メーカー、プルサハアン・オトモビル・クドゥア(プロドゥア)は、「アルザ」の新たなバリエーションとなる「アルザ・スマート・ライド(アルザSR)」を発表した。
価格は5万3,013.50リンギから5万6,513.50リンギとなっており、2日より全国178カ所のショールームで予約が可能だ。「アルザ」の月間売り上げは400台を予定しているが、そのうち13%を「アルザSR」が占めると予想している。
「アルザSR」は若い家族をターゲットにしており、車体色はシルバー、白、紫の3色を揃えている。従来の「アルザ」に比べ、装備を簡素化することで、手頃な価格になっている。 MPVモデルの「アルザ」は2009年の発売以来8万1,000台を売り上げている。

ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・サン、2月2日

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。