ホーム > 経済, 統計・調査 > 与党勝利で成長重視政策を継続、ムーディーズ見解

与党勝利で成長重視政策を継続、ムーディーズ見解

2013年05月09日 13:52 JST配信

【クアラルンプール】 与党連合・国民戦線(BN)の政権維持が決まった総選挙結果を受け、格付け会社の米ムーディーズ・インベスターズ・サービスは7日、マレーシア・ソブリン債の格付けにはプラスで、経済成長重視の政策継続を保証するものとの見解を示した。

具体的には、民間投資の回復で成果のあった経済改革プログラム(ETP)に基づく開発計画の継続、さらには加速が見込めるという。

しかし今年度予算に盛り込んだ援助計画、また選挙公約を守る必要から、財政引き締めのペースは鈍る可能性があるという。

総選挙での得票率は野党連合が51%とBNを上回っており、ムーディーズは「物品・サービス税(GST)の導入は政治的に困難で、補助金制度の改革の方が妥当と考えられる」との認識を示した。

同社はマレーシア国債に対するトリプルAの格付けを維持した。

(ザ・スター、ニュー・ストレーツ・タイムズ、5月8日)

関連カテゴリ: 経済, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。