ホーム > 経済, 統計・調査 > GDP成長率、1−3月はプラス4.1% 外需&製造業が減速も内需が下支え

GDP成長率、1−3月はプラス4.1% 外需&製造業が減速も内需が下支え

2013年05月16日 06:11 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 中央銀行バンク・ネガラは15日、2013年第1四半期(1−3月)の国内総生産(GDP)成長率が4.1%になったと発表した。前期(2012年第4四半期)のGDP成長率(6.5%)を下回る結果となった。外需や製造業が減速したが内需の成長に支えられた。

国内需要は8.2%成長となり、前期の7.8%成長を上回った。民間消費は7.5%の堅調な成長を記録した。今年1月に導入された最低賃金制度により民間の収入が増加したこと、労働市場の状況が好調であったことが影響した。公共消費は0.1%成長し、前期の1.2%成長からは減速した。

製造業は外需の減速により0.3%となり、前期の5.7%を大幅に下回った。石油製品・化学・ゴム・プラスチック製品が減少した。また鉱業は、原油生産が減少したため1.9%のマイナスとなった。

サービスセクターは、卸売・小売・貿易・金融・保険が好調だったことから5.9%の成長となった。建築セクターはインフラプロジェクト拡大により5四半期連続で成長し、14.7%と高い成長を維持した。農業セクターはパーム油やその他の農業、漁業に支えられ6.0%となった。

中銀は今後のマレーシア経済の成長について、民間セクターの拡大が引き続き見込めること、公共セクターに支えられ内需が今後も成長を牽引すると見込んでいる。世界的な成長の下振れリスクは今後も続くが、域内貿易の成長が高まると予想している。

関連カテゴリ: 経済, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。