ホーム > 経済, 統計・調査 > 4月の天然ゴム生産量、前月比で39%の大幅減に

4月の天然ゴム生産量、前月比で39%の大幅減に

2013年06月14日 16:21 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 統計局の発表(速報値)によると、マレーシアにおける2013年4月の天然ゴム生産量は4万2,881トンとなり、前年同月比で30.1%、前月比で39.0%のそれぞれ大幅減少となった。小規模農園が全生産量の93.6%を占めた。 

輸出量は6万1,342トンとなり、前年同月比で6.7%、前月比で16.8%それぞれ減少した。輸出先は、▽中国▽ドイツ▽イラン▽韓国▽フィンランド▽米国▽ブラジル▽南アフリカ——の順で多かった。 

一方、輸入量は5万5,602トンとなり、前年同月比では9.2%、前月比では24.6%のそれぞれ減少となった。輸入先はタイ、ベトナムの順で多かった。 

国内消費量は前年同月比1.9%、前月比5.2%それぞれ減少となる3万5,349トンとなった。同在庫は前年同月比で20.8%の増加、前月比で19.3%の減少となる14万2,069トンだった。 

4月末時点でのゴム産業の労働者数は1万2,891人で、前年同月比で3.4%、前月比で1.0%それぞれ増加した。 

同月のゴムの平均取引価格(1キログラム当たり)は指標となる「SMR 20」が749.09センで、前年同月比で31.9%、前月比で12.6%のそれぞれ下降となった。

また農園1ヘクタール当たりの平均収量は64.8キログラムで、前年同月比で5.8%、前月比で29.0%それぞれ減少した。

関連カテゴリ: 経済, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。