ホーム > 経済, 統計・調査 > ICT技術者の給与増、今年8.9%の見通し 他国より低水準、国外流出の懸念

ICT技術者の給与増、今年8.9%の見通し 他国より低水準、国外流出の懸念

2013年07月02日 06:01 JST配信

【クアラルンプール】 マレーシア・コンピューター産業協会(PIKOM)は、情報通信技術(ICT)技術者の平均給与額が今年8.9%増の7,387リンギに達すると予想している。2012年の平均給与は6,782リンギだった。同調査はPIKOMがKPMG、ジョブストリート・ドットコムと共同で実施した。

2012年の大卒の初任給は平均2,238リンギで、前年度を4.7%上回った。勤務年数1—4年の平均は3,206リンギで、前年比1.7%増、経験5年以上は9.6%増の5,521リンギだった。中間管理職は14.1%増の8,946リンギ、上級管理職は9.9%増の1万3,374リンギだった。

国内でも賃金水準に地域差があり、首都圏クランバレーは最も低水準の地域に比べ1.75倍だった。

■他国より低水準、国外流出の懸念■

PIKOMはマレーシアのICT技術者賃金水準が各国に比べて割安であるため、技術者の流出を招く恐れがあると警告している。

マレーシアの賃金水準を1とした場合、豪州や米国はアトラス方式で調整するとそれぞれ3.76倍、3.24倍以上となり、購買力平価(PPP)による調整を加えるとそれぞれ1.9倍、2.08倍になる。タイやベトナムもPPP調整値はマレーシアより高く、それぞれ1.36倍、1.87倍となっている。

(南洋商報、6月29日、ベルナマ通信、6月28日)

関連カテゴリ: 経済, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。