ホーム > 経済, 政治・外交, 統計・調査 > 技術革新力ランキング、マレーシアは32位を維持

技術革新力ランキング、マレーシアは32位を維持

2013年07月08日 06:52 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 知的所有権機関(WIPO)、欧州経営大学院(INSEAD)、米コーネル大学ジョンソン校は、2013年の「技術革新力ランキング」を発表した。マレーシアのスコアは46.9で142カ国・地域で32位となり、前年から同位を維持した。

ランキングは、▽社会制度▽人的資本と研究▽インフラ整備▽市場の洗練度▽ビジネスの洗練度▽知識及び技術生産性--など7項目において数値化したもの。1位はスイス(66.59ポイント)だった。それに▽スウェーデン▽英国▽オランダ▽米国--が続いた。日本は22位だった。最下位は、イエメンだった。

東南アジアで最もランクが高かったのはシンガポールで8位だった。それに▽タイ(57位)▽ベトナム(76位)▽インドネシア(85位)▽フィリピン(90位)--が続いた。

マレーシアは、「市場の洗練度」では23位となり、中でも「貸付けの受けやすさ」では1位にランキングされた。一方「社会制度」では49位となり、「報道の自由」では117位、「余剰人員の解雇と1週間の給与コスト」では108位となり、低い評価を受けた。

関連カテゴリ: 経済, 政治・外交, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。