ホーム > 社会・生活 > シャングリラホテル、フカヒレ料理を全面ストップ

シャングリラホテル、フカヒレ料理を全面ストップ

2012年01月24日 20:53 JST配信

【クアラルンプール】 高級ホテル・グループの「シャングリ・ラ・ホテルズ・アンド・リゾーツ」は、乱獲のために絶滅が危惧されているサメを保護するため、フカヒレ料理を傘下の72ホテルの中華レストランで出さないと発表した。ただしすでに予約を受けている宴会場におけるフカヒレ料理は出す予定。フカヒレ・スープの代わりには、キヌガサタケやユリの根などを使うという。
同ホテル・グループは、ホンマグロやチリ産シーバスについても徐々に減らしていく方針だという。

ザ・スター、1月19日

関連カテゴリ: 社会・生活

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。