ホーム > 経済, 統計・調査 > マレーシア人口、2040年には3,860万人の見通し

マレーシア人口、2040年には3,860万人の見通し

2013年07月31日 13:59 JST配信

【ペタリンジャヤ】 統計局によると、2014年にも3,000万人を突破するとみられるマレーシアの人口は、30年後に3,860万人に達すると予想されている。ブミプトラ(マレー人および先住民族の総称)人口比が上昇する一方、華人の人口比が減少する見通しだ。

マレー系の人口は2040年には2,087万人に増加する見通しで、人口比は50.1%から54.1%に上昇する見込み。その他のブミプトラ人口も517万人に増加し、人口比は13.4%に上昇すると予想される。反対に華人の人口は643万人から710万人へとわずかな上昇にとどまる見込みで、人口比は22.5%から18.4%に低下すると予想される。インド系も192万人から226万人へと若干の増加にとどまり、人口比は6.7%から5.9%にとどまると見込まれている。

少子高齢化が進むとみられることから、2010年に1.8%だった人口増加率は2040年には0.6%に下がる見通し。65歳以上の人口は3倍の440万人に増加し、全体の11.4%を占めると予想される。また労働可能人口(16—64歳)は1,930万人から2,660万人に増加するとみられる。0—14歳の子供の人口は780万人に増加する見通し。

(南洋商報、中国報、7月30日、ザ・スター、7月29日)

関連カテゴリ: 経済, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。