ホーム > 政治・外交, 統計・調査 > 報道の自由度ランキング、マレーシアは122位タイ

報道の自由度ランキング、マレーシアは122位タイ

2012年01月27日 20:19 JST配信

【クアラルンプール=アジアインフォ】 国際ジャーナリストの組織「国境なき記者団」(RSF)は25日、最新版の「2011-2012年報道の自由度ランキング」(対象179カ国・地域)を発表。マレーシアは122位タイとなった。
東南アジア諸国連合(ASEAN)では、マレーシアはカンボジア(117位)に次いで2位だった。ブルネイは全体で125位、シンガポールが135位、タイが137位、フィリピンが140位、インドネシアが146位、ラオスが165位、ミャンマーが169位、ベトナムが172位——となった。
日本は22位に後退したもののアジアではトップを維持。韓国は44位、台湾は45位、香港は54位、中国は174位だった。
世界トップはフィンランドとノルウェーで、これにエストニア、オランダ、オーストリアが続いた。最下位はエリトリアで、北朝鮮はワースト2の178位だった。シリアは176位、イランは175位、民主化運動で政権が倒れたリビアは154位、チュニジアは134位にそれぞれ上昇したが、エジプトは166位にダウンと明暗を分けた。

関連カテゴリ: 政治・外交, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。