ホーム > 社会・生活, 三面・事件 > コンド住民がアフリカ系排除を決議、人種差別との声も

コンド住民がアフリカ系排除を決議、人種差別との声も

2013年08月30日 13:48 JST配信

【ペタリンジャヤ】 セランゴール州バンダル・スリ・スバンのコンドミニアムの住民組合が先ごろ、アフリカ系住民の排除を決めたことが論議を呼んでいる。人種差別だとの批判の声がある一方、アフリカ系外国人の増加や犯罪増加で不安感を募らす所有者らには借家人を選ぶ権利があると支持する声もある。

問題のコンドミニアムはPJS10レイクパークにある築14年の「リズアン・コンドミニアム」で、平均賃貸料は1,300リンギほどとなっている。サンウェイやテイラーなどの大学が近いため、2002年ごろから留学生が多く住むようになったという。

夜間に酒を飲んで騒いだりといったアフリカ系住民が起こす問題に頭を悩ませていた住民組合は7月6日に年次総会を開催し、アフリカ系外国人に部屋を貸さないことを議決。8月19日に告知文をコンドミニアム内に掲示した。住民組合が出した回覧によると、所有者からはアフリカ系住民が起こす問題によって他者へのユニットの売買や賃貸が難しくなっており、引いては不動産価値が下がっているとの声が上がっているという。

排除決議に対しアフリカ系住民からは、重大な人種差別だと憤る声が上がっている一方、マレーシア人の間に元々アフリカ系に対する差別意識があるため訴えてもムダとの諦めの声もきかれる。

(マレー・メイル、星洲日報、中国報、8月29日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。