ホーム > 社会・生活, 三面・事件 > マレーシア産ドリアン、豪州で「ガス漏れ騒ぎ」

マレーシア産ドリアン、豪州で「ガス漏れ騒ぎ」

2013年09月11日 16:51 JST配信

【シドニー】 冷蔵ドリアンの豪州向け輸出が8月下旬から始まったばかりだが、到着先のシドニーでドリアンの臭気が拡散し、保管してあったビルで「ガス漏れ騒ぎ」を起こしていたことが分かった。ドリアンの臭いとは知らない豪州人たちが誤解してガス漏れだと騒ぎだしたという。

ドリアンはシドニー市内「ハーバー・シティ」のビルの15階に保管されていたが、試験のために10パックを開封したところ臭気が換気ダクトを通じてビルの他の部屋に広がった。異臭がするとの訴えが各所で上がり、当局が出動してビル内にいた人たちを避難させ、異臭元の捜索を行なう騒ぎとなったという。

(ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・スター、9月7日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。