ホーム > 三面・事件, 政治・外交 > 外国人への市民権不法付与問題、マハティール氏が関与否定

外国人への市民権不法付与問題、マハティール氏が関与否定

2013年09月15日 11:42 JST配信

【コタキナバル】 サバ州に居住する外国人に、身分証明書(IC)が不法に交付された事件の調査に当たっている王立調査委員会は12日、209人目の証人としてマハティール・モハマド元首相を喚問した。

証人の1人、サンダカン地区行政長官のハスナル氏は「メガト・ジュニド副内相(当時)から不法移民にICを交付するよう指示を受けた。指示はマハティール当時首相からのものだったと聞いた」証言していた。

不法移民へのIC交付は「プロジェクトIC」、また「プロジェクト・マハティール」と呼称されたという。マハティール氏は「プロジェクトIC」の存在を知らなかったと主張。メガト・ジュニド氏にそうした命令を出したことはないと関与を否定した。

証言についてサバ州の野党幹部は「マハティール氏は嘘をついている」と批判。サバ州改革党のキティンガン議長は「与党連合が選挙で勝つために多数の移民にICが交付された」と主張した。

(マレーシアン・インサイダー、9月12-13日、ザ・スター、9月13日)

関連カテゴリ: 三面・事件, 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。