ホーム > 社会・生活, 三面・事件, 文化・芸能 > セクシー過ぎる?ヘアサロンのポスターを撤去要求

セクシー過ぎる?ヘアサロンのポスターを撤去要求

2013年10月02日 13:41 JST配信

【コタバル】 イスラム原理主義政党・汎マレーシア・イスラム党(PAS)が政権を握るクランタン州コタバルで、外国人モデルのポスターを店内に貼っていたヘアサロンが地区政府職員より「セクシー過ぎる」との理由で剥がすよう警告を受ける事件が多発し、波紋を呼んでいる。

ポスターの女性の写真がイスラムの教えに反して髪を露出しているためとみられるが、職員らは強いてポスターを剥がさせることまではしていないという。

各種メディアの調査によると、こうした警告は非マレー人経営の複数のヘアサロンに対して行われており、ある店主は道路に面したガラス窓やドアに貼らないよう職員に言われたという。

同州では昨年12月、女性の理容師が男性客にサービスしていたことを理由に、地区政府が罰金を科していたことが判明し、各方面から批判を浴びていた。

(中国報、星洲日報、南洋商報、ザ・スター、9月27日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件, 文化・芸能

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。