ホーム > 文化・芸能 > 試合前と試合後に選手の携帯電話を没収=サッカー協会

試合前と試合後に選手の携帯電話を没収=サッカー協会

2012年01月15日 06:57 JST配信

【ジョホールバル】 サッカー試合の八百長を防ぐためにジョホール州サッカー協会は、選手が所持している携帯電話を試合前と試合後の24時間、取り上げるという画期的な規則を導入する。
外部の人間からの八百長をそそのかすような電話を、選手が受けられなくするのが狙い。7日には選手と協会が同規則の導入について話し合いを行った。同州コーチは、八百長に関わった選手はすでに追放されており、新規則導入は問題ないと述べた。
同州では昨シーズン、同協会に所属している数人の選手が携帯電話を通じて違法賭博の元締めと連絡をとっていたのが発覚。試合後に数人の選手が金を受け取っていたことがテキストメッセージで判明した。
サッカー協会はまた、プレミア・リーグにおけるホームやアウェイの両方で選手の安全確保を強化する方針であることを明らかにした。

ザ・スター、1月8日

関連カテゴリ: 文化・芸能

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。