ホーム > 経済, 観光・イベント > フンザ、「ガーニーパラゴン」隣接地にホテル建設へ

フンザ、「ガーニーパラゴン」隣接地にホテル建設へ

2013年10月11日 13:02 JST配信

【ペナン】不動産開発・運営のフンザ・プロパティーズがペナン州ジョージタウンに建設したガーニー・パラゴン・モールで10日、開所式が行われた。コー・テントン会長は、隣接地に高級ホテルを建設する計画を明らかにした。

敷地面積は約0.5ヘクタールで、2016年の完成を目指すという。ガーニー・パラゴン・モールを補完するものと位置付けており、一般レジャー客のほか、医療目的の観光客にも対応する。

ガーニー・パラゴン計画では、同ショッピングモールのほか、高級住宅、オフィスビル棟も建設された。モールの入居率は年末までには90%に達するという。

来年後半には、モール運営による収入はフンザ売上高の30-40%を占める見通しだ。

(ニュー・ストレーツ・タイムズ、10月10日)

関連カテゴリ: 経済, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。