ホーム > 三面・事件, 安全情報 > MASウィング航空機が墜落、2人が死亡

MASウィング航空機が墜落、2人が死亡

2013年10月11日 20:37 JST配信

【クアラルンプール】 サバ州クダットで10日午後3時頃、マレーシア航空子会社(MAS)のMASウィングスのツインオッター機が民家に墜落、2人が死亡した。

ツインオッター機は、マレーシア人15人とフィリピン人1人を乗せてコタキナバルからクダットに向け2時05分に離陸。クダット空港に着陸しようとしたところ強風で機体のコントロールを失い、数百メートル離れた民家の倉庫に墜落した。死亡したのは副操縦士マーク・ジョエル・バンシュさん(23)と乗客のタン・アーチャイさん(96)。また乗客5人以上が負傷した。民家の住人にケガはなかった。

民間航空局(DCA)による事故の原因調査が行われている。

(ザ・サン、ザ・スター、ニュー・ストレーツ・タイムズ、ベルナマ通信、10月11日)

関連カテゴリ: 三面・事件, 安全情報

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。