ホーム > 三面・事件, 統計・調査 > パスポート自由度調査、マレーシアは9位にランク

パスポート自由度調査、マレーシアは9位にランク

2013年10月14日 13:48 JST配信

【クアラルンプール】 コンサルタント会社、ヘンリー&パートナーズが実施したパスポートの自由度(有効性)に関する調査で、マレーシアは163カ国にビザ無しで渡航できるとして9位にランクされた。東南アジア諸国連合(ASEAN)では、シンガポール(167カ国、6位)に次いで高ランクだった。タイは68カ国で60位、フィリピンは58カ国で69位、インドネシアは53カ国で73位だった。

トップは英国、フィンランド、スウェーデンの173カ国で、2位はデンマーク、ドイツ、ルクセンブルク、米国の172カ国だった。欧州連合(EU)加盟国が上位を占める中、日本は170カ国で4位と米国を除くとトップだった。

一方、中国は44カ国で82位、最下位はアフガニスタンの28カ国だった。

(マレー・メイル、中国報、10月11日)

関連カテゴリ: 三面・事件, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。