ホーム > 文化・芸能 > バレンタインデー摘発活動、ジョホール州で102人検挙

バレンタインデー摘発活動、ジョホール州で102人検挙

2012年02月17日 15:23 JST配信

【ジョホールバル】 ジョホール州宗教局は13日夜、「バレンタイン・デー摘発活動」を展開、デート中の102人の男女を検挙した。同局は78人の職員を動員、午後10時から翌午前2時まで州内の各地で取り締まりを行った。
摘発人数はジョホールバルがトップの38人で、クライジャヤが15人でこれに次いだ。摘発された男女は、安ホテルや公共の場所で密会していたもので、年齢は下が18歳から上は40歳に及んだ。
うち94人がマレーシア人が占め、残り8人の外国人のうち7人がインドネシア人、1人がバングラデシュ人だった。

光明日報、2月15日

関連カテゴリ: 文化・芸能

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。